top of page

海外から高名な古地磁気学者の方が来訪されました

2021年1月4日、カリフォルニア工科大学 ジョセフ・カーシュビンク教授がチバニアン・ビジターセンターを訪問されました。


教授は世界的に有名な古地磁気の大家で「スノーボールアース仮説(6~7億年前、地球は雪玉のように凍り付いていた!)」を最初に唱えた方です。


またGSSPの画像といえば必ず出てくる、オーストラリアのエディアカランの地層で古地磁気の研究もされています。

いよいよチバニアンもグローバルになってきました!



最新記事

すべて表示

冬季の午前中は川の岸が凍結していることが多いため、2月から午前11時からの定時ガイドはお休みさせていただきます。再開時にはまたこちらの場でご連絡をさせていただきます。 なお、午後1時半からの定時ガイドは通常通り実施いたします。 ご理解ご了承のほど宜しくお願い致します。

bottom of page